商品紹介 YABAE 光目覚まし時計

life 商品紹介


 

今回は僕が使っているYABAEの光目覚まし時計MY-09-Mを紹介します。

 

この光目覚まし時計との出会いはマコなり社長のYouTubeで紹介されたことでした。

 

マコなり社長のYouTube動画はこちら

https://youtu.be/-R-HQB-gH98

 

光目覚まし時計を使うことのメリットは「日の出とともに起きる・日の入りとともに眠る」という人間が元来持つ生活リズムに合わせた生活ができるということです。

 

目次

1.音ではなく光で目覚める心地よさ

2.自然な眠りに誘うサンセットモード

3.ラジオまで聴けてしまう

4.まとめ

 

1.音ではなく光で目覚める心地よさ

みなさん、スマホや目覚まし時計の目覚ましの音って不快ではないですか?

 

昔ながらの「ジリリリッ」というけたたましい音が出るタイプや、鳥の声や水の流れる音のような自然界の優しい音など、色々な目覚まし音があると思いますが、いずれも多少の不快感を僕は感じてました。

 

この理由はおそらく、目覚ましが鳴った時、部屋が真っ暗で身体が起きる準備が全然できていなかったからだと思います。

 

その証拠に、この光目覚まし時計を使ってからは、目覚まし音の不快感を感じなくなりました。

 

光目覚まし時計は目覚まし音が鳴る〇〇分前から徐々に光を明るくするという設定ができ、光により身体が起きる準備を事前にしてくれるので、目覚まし音に不快感がありません。

 

ちなみに僕は目覚まし音にラジオを設定しています。(後述)

 

2.自然な眠りに誘うサンセットモード

YABAEの目覚まし時計にはサンセットモードという機能があります。

 

10〜120分前から徐々に光を暗く(正確には赤く)し、地平線に沈む夕日を再現し、日の入りとともに眠りに入るリズムを作るのを助けてくれます。

 

ただし、部屋の電気を付けていては意味がないので、消しておくか、常夜灯にするなど部屋の電気自体を暗くしておく必要があります。

 

また、スムーズな入眠を促したいなら、寝る前1〜2時間前にはスマホをいじるのはやめておきましょう。

 

僕はこのサンセットモードをすごく気に入っていて、毎晩使用しています。

 

素晴らしいのが、サンセットモードを設定するときに「音」も設定する必要があるのですが、設定できる3種類の音のうち、焚火の音が特に心地良くて田舎でキャンプをしているような穏やかな気持ちになります!

 

3.ラジオまで聴けてしまう!

YABAEの光目覚まし時計はラジオまで聴けてしまうのが素晴らしいです。

 

我が家にはテレビがない(NHK対策+単純に観たい番組が少ない)ので、ラジオは部屋のBGMとして重宝します。

 

ラジオ機能を使うにはまず、その地域で聴けるラジオ局のチューニングが必要です。

 

とはいえボタン一つで自動でチューニングしてくれるので難しいことはありません。1〜2分で完了します。

 

前述しましたが、このラジオ機能は目覚まし音にも使用できます。

 

僕の場合、目覚まし音で好きな音が見つからなかったのでラジオを設定しました。

 

日の出を再現した優しい光の中で大好きなラジオ番組の音で快適に目覚める。最高です…!

 

少なくともけたたましい目覚まし音で起こされるのと比べたら朝の目覚めの快適さは段違いですよ!

 

ちなみに目覚ましのタイマーは2つまで登録できます。

僕は平日用と休日用でそれぞれ登録しています。

 

4.まとめ

今までより快適な朝を迎えたい方はぜひ今朝買ってみてください!

 

価格は5,000円を越えないくらいで、目覚まし時計と考えたら高く感じますが、サンセットモードやラジオ機能が付属していること、快適な朝の目覚めが得られると考えればそれほど高くはないはずです!

 

今回は以上です。