節約実施効果のまとめ!

life 節約 資産運用


こんにちは。

これまで過去の記事で紹介してきたとおり、節約のためにいろんな固定費の見直しをしてきました。

今回は、その成果を確認します。

みなさんの節約の参考になればと思います。

目次

1.現在の固定費一覧

2.断捨離した固定費一覧

3.まとめ

1.現在の固定費一覧

現在の毎月の固定費はこんな感じです。(全て税込)

  • 家賃:45,000円
  • 通信費(スマホ):2,288円
  • 通信費(Wi-Fi):4,158円
  • 電気代:約1,300円
  • 水道代:約2,100円
  • ガス代:約2,000円
  • 食費:約3万円(やや贅沢してる計算)

固定費は合計8万7,000円/月くらいです。

収入は手取りで20万円くらいなので、固定費との差し引きで約11万円自由に使えるお金が残ります。

現在、毎月3万円を金融資産への投資に使っているので、貯金に回せるお金は約8万円になります。

節約の効果がかなり効いてます!

実際は遊びや書籍など、交際費や趣味代がここから引かれるわけですが…。

それでも毎月5万円くらいは貯金ができる計算です!

2.断捨離した固定費一覧

次に節約のためにこれまで断捨離してきた費用を紹介します。

  • 医療保険:約5,500円
  • 個人年金保険:約9,300円
  • スマホ(au):約7,000円
  • NHK:約1,300円
  • 銀行振込手数料:330円

合計で約23,430円/月です。

医療保険と個人年金保険は以前記事にした通りです。

スマホはauからBIGLOBEモバイルに切り替えて安くなったのですが、最近プログラミングの勉強のためにWi-Fiルーターを購入したので通信費は500円くらいの削減に留まっています。

NHKは、全く見ないテレビを持っていたがために契約させられてしまったので、テレビを手放して契約も解除しました。

ちなみに新聞はもちろん取ってません。

銀行振込手数料は、家賃を振り込む時に毎回取られていたのですが、楽天銀行の口座を作ってそこから振り込むようにしたので、振込手数料がかからなくなりました(条件あり)。

ネット銀行最高です!!銀行の振込手数料だけでも年間4,000円近く出費していたと思うと恐ろしい…

3.まとめ

こうして振り返ってみると、固定費における家賃の重さはやはり無視できないですね。

今やれるだけの固定費の見直しは全てやってきたつもりですが、家賃はあと2〜3千円安くしたいと思いました。