日用品こそネット通販で買うべき理由:時間も買えるから

life 時短

Gerd AltmannによるPixabayからの画像)

やまだゆう(@yamaday0u)です。

今回は、日曜品こそネット通販で買うべき理由というテーマです。

多くの人にとってAmazonのようなネット通販で物を買うことが日常になっていると思います。

皆さんはどんなものをネット通販で買っていますか?

今年(2020年)の4月に公開されたとある記事では、本・CD/DVD、衣類、化粧品・健康食品の順でよく購入されているそうです。

【EC市場調査】ネットショップでよく買われるモノはなに?(定期通販ノウハウ講座)

ネット通販での買い物ではこういった嗜好品がよく購入されるようですが、洗剤やティッシュのような日用品こそネットで買うべきだと思っています。

ネット通販で日用品を買うと時間も買える

ネット通販で日用品を買うことの最大のメリットは、実店舗で買い物をするよりも圧倒的に時短になることです。

つまり、ネット通販で実質的に時間も買えるということです。

ネット通販で買い物をすると購入履歴が残り、リピート買いする時に商品を探す時間や手間が減らせます。

お店で買い物にしていると、商品の品切れや配置換えだったり、取り扱いメーカーが変わっていたりして、思うように買い物ができず、時間や労力を無駄にすることが少なくありません。

なので、日用品はネット通販で買いましょう。

僕がネット通販で買っている日用品

ちなみに僕がネット通販で買っている日用品は、次の通りです。

  • 洗濯洗剤、お風呂洗剤、トイレ洗剤などの洗剤類
  • シャンプーや石鹸
  • キッチンペーパー、トイレットペーパー
  • 電動歯ブラシの替えブラシ、フロス、歯磨き粉
  • ポケットティッシュ

だいたいこんなところです。

箱ティッシュはふるさと納税で一気に60箱も手に入れているので、ネット通販では買っていません笑

ネット通販での買い物で設定しておきたいこと

ネット通販で買い物をするだけで、これまで店舗に行って買い物をしていた時に比べて多くの時間を省略できるようになりますが、次の設定をしておくとさらに時短になります。

定期購入

定期購入の設定をすれば、自分で毎回購入の手続きする時間と手間すらも削減できます。

ちなみにぼくは、毎月買うようなものがなく、せいぜい数ヶ月に1回の頻度でしかリピート買いしないので、定期購入の設定まではしていません。

置き配

最近、Amazonでは置き配の設定が一般的になってきました。

念のため説明しておくと、置き配は、受取人がいない時に玄関前などに配達物を置いてもらうことで配達が完了になるという配達方法です。

一人暮らしなら、この置き配設定は必須です。

僕の場合、集合住宅に住んでおり、宅配ボックスがないため、ネットで買い物するときは基本置き配にしてます。

置き配設定のおかげで再配達の設定の手間を減らすことができます。

配達員さんの再配達の負担も軽くしてあげることにつながるので、ぜひとも置き配設定をしましょう。

ちなみに集合住宅で置き配にするのは、他の人に盗まれる不安がある方も多いと思いますが、所詮は日用品なので最悪盗まれてもいいと僕は割り切っています。

どうしても不安であれば、コンビニ受け取りや宅配ロッカーへの配達設定をするといいでしょう。

ネット通販のススメ

今回は以上です。

人が日用品購入のために歩き回る時代は終わりました。

人やサービスに任せられるものはどんどん任せて、あなたが自由に使える時間を増やしていきましょう。