【実体験】在宅勤務がはかどるアイテム1選

life 商品紹介

やまだゆう(@yamaday0u)です。

今回は「在宅勤務がはかどるアイテム」というテーマです。

結論

ずばり、昇降式デスクです。

昇降式デスクというのはデスクの天板が昇降できるデスクで、立っても座っても作業をすることができます。

ぼく自身は在宅勤務ではなく、プログラミングの勉強のために使っていますが、間違いなく在宅勤務でも有用てす。

昇降式デスクを1年近く使ってきたぼくの実感を踏まえて昇降式デスクのメリットについてかたります。

昇降式デスクのメリットは次の3つがあります。

  • 上半身が疲れにくい
  • 運動不足解消
  • 作業の生産性アップ

昇降式デスクのメリット1:上半身が疲れにくい

イスに座りっぱなしの場合と比べて、目、肩、背中、腰が疲れにくいです。

座って作業しているとどうしても前屈みになって肩や背中に負担がかかります。

そうすると目にも負担がかかって疲れが出やすくなってしまいます。

立って作業をしていると、座っているときと比べて姿勢を真っ直ぐに保ちやすいので、上半身の疲れが出にくいのが1つ目のメリットてす。

昇降式デスクのメリット2:運動不足解消

座りっぱなしは言うまでもなく健康への悪影響が大きいです。

立っているとどうしても足が疲れてきて足踏みをしたりして動かしたくなります。

その足を動かす動きが運動になって、座りっぱなしで陥りやすい運動不足の解消につながります。

昇降式デスクのメリット3:作業の生産性アップ

先ほどの足を動かす運動によって血流が良くなり、頭が働きやすくなります。

また眠気防止にもなるので、座りっぱなしの場合よりも集中力が上がり作業の生産性アップにつながります。

実際に使っている昇降式デスク

ぼくが買った昇降式デスクのリンクを貼っておきます。

ガス圧昇降式デスク 昇降式テーブル 90cm幅 可動式 高さ調節 テレワーク 在宅勤務 デスク オフィスデスク スタンディングデスク パソコン(au PAY マーケット)

このデスクを選んだポイントは3つあります。

  • 十分な広さ
  • 最大高さ
  • 動かしやすさ

十分な広さ

縦60cm、横90cmで、一人でパソコン作業や勉強をする分には十分な広さがあります。

最大高さ

高さが70〜110cmまで変えられます。昇降式デスクを探してみるとわかると思いますが、110cmまで上がるものは意外と少ないので結構希少です。

せっかく昇降式デスクを購入して、立って作業できるようになっても、デスクが低すぎて前傾姿勢になってしまっては意味がないので、自分が無理なく作業できる高さを調べて、それに合致するもの購入しましょう。

動かしやすさ

キャスターが付属で付いているので、デスクの移動が非常に楽です。

部屋の中でデスクの位置を変えて気分転換したり、床掃除のときに動かしたりするのに便利です。

 

今回は以上です。

新しいデスクを買いたくなったときには、昇降式デスクもぜひ検討対象に入れてみてください!

関連記事:一人暮らしで買ってよかった物5選

トップ画像:fancycrave1によるPixabayからの画像