誰にでも簡単にできる!節約のためにやめたこと【衣服編】

life 節約

やまだゆう(@yamaday0u)です。

今回は節約のためにやめたこと【衣服編】というテーマです。

過去に、節約のためにやめたこと【食事編】【買い物編】も投稿していますのでそちらもぜひ読んでみてください。

 節約のためにやめたこと

ずばり衣替えです。

もっと具体的にいうと、季節ごとに着る服を変えることをやめました。

例えば、

  • 夏に着ていた半袖Tシャツやパンツを冬場は部屋着のジャージ扱い
  • 靴下や肌着は同じタイプのものを1年間使い回す

こういったことをしてなるべく1年中使い続けるようにしています。

衣替えをやめるとなぜ節約になるのか

当然、季節ごとの服を買い揃える必要がなくなるからです。

季節ごとに日常使いできる服を揃えようとすると、それなりの量の服を買わなければいけません。

またオフシーズンの服はクリーニングに出すことでクリーニング代がかさむこともあります。

ほかにも服の量が増えると、収納家具を追加購入したり、もっと広い、家賃が高い部屋に引っ越す必要が出たりします。

衣替えをする必要が生じるほどの服を持とうとすることで、服を購入する出費に加えて、付随する出費も増えるのです。

参考に、ぼくの服の使い方をお伝えします。

夏物の服は1年間使える

ぼくは肌着としてユニクロのエアリズムのステテコやインナーTシャツを愛用しています。

ステテコは夏場はズボンの下に履いて、汗で太ももや膝がズボンに引っかからないようにしています。

冬になるとちょっとした防寒対策として活躍します。
冬の寒さが厳しい地域でなければ、エアリズムのステテコでも十分に防寒対策として使えます。

インナーTシャツは言わずもがな、どんな服の下に着ても良いですよね!

夏では一番上に着ている半袖のTシャツは、秋や春は羽織りものと組み合わせて1年間使い倒します。

半袖の白Tシャツだったら以下のイメージですね。

(左:press 👍 and ⭐によるPixabayからの画像)
(右:shobhitpaudelによるPixabayからの画像)

じゃあ冬はどうするのかというと、秋・春の服装にコートを着ればそのまま冬のコーデが完成します。

寝具も使い倒す

服だけでなく、寝具も1年間同じものを使っています。

ぼくはニトリの肌ふとんというシリーズを使っています。

ひんやりもちもち肌ふとん シングル(Nクール モチモチ i-n BL S)

これは表面がパイル生地、裏面が接触冷感生地になっているリバーシブル?仕様です。

夏は接触冷感生地側を使い、それ以外の季節はパイル生地側を使っています。

ちなみにぼくは枕を撤去しているので、この肌ふとんを半分抱き枕のように使って寝ています。

季節どころか用途も増やして使い倒しています。

また、敷きパッドにもニトリの肌ふとんを使用しています。

ひんやりもちもち敷きパッド シングル(Nクール モチモチ i-n BL S)

これも肌ふとんと同様にリバーシブル仕様になっているので、春・夏・秋はこれを使っています。

衣替えは冬用のみ

ここまでぼくの服や寝具の使い方を紹介してきました。

ほとんどの物はオールシーズンで使用していますが、寒さ対策で冬にしか使わない物ももちろんあります。

といってもコートやマフラー、羽毛布団くらい。

こればっかりはどうしようもないのかな、という感じですが、やれる人はレンタルを導入してみると良いと思います。

関連記事

誰にでも簡単にできる!節約のためにやめたこと【食事編】

誰にでも簡単にできる!節約のためにやめたこと【買い物編】

節約のカギは固定費率を上げることにある

 

トップ画像:Free-PhotosによるPixabayからの画像